舞台用語はわからん!!

とお嘆きのあなたに、ぴよきちがそっと(なんで?)お教えしましょう。

わからない言葉があったら、掲示板やメールでお問い合わせくだされば、

即座に知ってることは何でも知ってるぴよきちがお答えします!!

    ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

合唱団はよく地方で「音楽鑑賞教室」に出演します。学校に来るヤツですね。

なにしろ学校の「授業」なので、開演はだいたい午前とか午後早く。

遠くの学校だと行くだけで大変です。「こんどさ〜○○で音教でさ〜」

「え、遠いじゃん!まえ乗り?」「いや〜乗りうちなんだ」

これは、「前日に移動して公演をうつのですか?」「いいえ、乗り込んでいった

その日に公演をすぐさまうつのです」という意味なんですね。

なんだか「うつ」とかいうと、「興業」とかそういう言葉が脳裏をよぎります。

旅公演は、いろいろなところに行けて楽しい・・・こともありますが、

音教(またはスクールともいいます)の場合、「普段は音楽会を聴けない所」に

出前でお届け・・というコンセプトなので、はっきりいって僻地が多い。

宿も謎のモト旅館ビジネスホテル・・コインランドリー無し、みたいな。

そうすると、洗濯が大変です。一泊ずつでどんどん移動するときなんかは、

チェックインするとどこの部屋でも速攻洗濯の音が聞こえます。

すぐに洗って熱いお湯で絞って、さらにタオルでたたき、エアコンなどの

送風口に近いところに干しておくと、翌朝着られるのです。

いやはや、日本は広いです。コインランドリーが神様に見えるときがありますよ。

(28 Okt 99)

    ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

掲示板に書き込んでいたことでひとつ。バンダとは?

(たぶん)イタリア語の「バンド」の事だと思うんだけど、通常オケがいるところ

(コンサートなら舞台、オペラなら「墓」ね)以外の場所で演奏する方のことです。

効果音として、客席とか舞台裏とかから聞こえてくる音がありますね。あれ。

オペラの時は、出演者に混じって、衣装メイク付きで「楽士」とか「兵士」の役で

出演されることもたびたび。「楽士」の役で室内楽とかをやってくれる時は

あまり関係ないのですが、「らっぱ」が舞台に乗るときは要注意!!

立ち位置によっては「後頭部直撃!」とかになってしまい、くらくらします(爆)。

(21 Okt 99)

    ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

とあるオペラ公演での話。普通楽屋や廊下には「呼び出し」がかかります。

「アイーダさん下手袖スタンバイおねがいします」というように。

その他にも、「休憩はいりました」「○幕開始×分前です」などもあります。

その公演では、とっても指揮者が不評だったのです・・・・・

そして、スタッフ・関係者・歌手の半数がドイツ人だったため、呼び出しも

日独2カ国語で行われていました。公演も間近に迫ったある日、それは起こった。

「3幕への前奏曲抜きで3幕いきなり参ります」というのの、「前奏曲抜き」を

「ohne Einleitung」と言うべきところを、「ohne Leitung」つまり、

「指揮者抜きで」と言ってしまったのです!!ラッキーなことにもう指揮者は

「墓場」にスタンバっていたので、聞こえていない。みんな「ひゅーひゅー」

とかいって大喜びしていました!!う〜ん、ドイツ語は難しい・・・(苦笑)

(20 Okt 99)

    ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

まず、この業界に入ってわかんなかった、というか、覚えにくかったのが

上手・下手(かみて・しもて)。じょうず、へた、じゃないんです。

お客様から見て、舞台の左が下手、右が上手。

「はい、○○ちゃん上にはけて〜」とかいわれて、「??」

コンサートでは下手から出て下手にはける・・とおぼえました。

そうそう、「はける」はわかりますよね。「退場」のことです。

それから、クラシックではよくドイツ語のなまったのを使います。

本番前の総練習のことをGeneralprobe略してGPといいますが、

「じーぴー」じゃなくて「げーぺー」と読みます。GPより前におこなう、

やっぱり衣装やメイクなんかもつけて行う「偉い」練習をHauptprobe、

通称HP(はーぺー)といいます。HPと言ったらホームページとか

思っちゃいますが、違うんです。普通のお稽古のことを、Probe(プローベ)

なんて言ったりします。あ、お稽古というのも、歌い手独特の言い方らしく、

オーケストラのヒトは練習と言うようです。

今までのを復習すると、たとえば、

「まったくまいちゃうよねー、HPまでは上はけでよかったのに、

 GPから急に下はけに変更になるから、次の出までに移動が大変で・・」

というのが、解読できるようになりましたね。

そうそう、ついでですが、オーケストラピットのことをドイツ語では

Orchestergraben=オーケストラの墓と言うのです!!

だから、劇場で「墓はどこだ?」と訊かれても驚くなかれ!!ちなみに、

上手、下手のことをドイツ語ではシンプルに「右側・左側」と言います。

(18 Okt 99)